学生マンションや分譲住宅を見つける方法|用意スタート!

ペット飼育と敷金

家賃は他の住民と一緒

ペット飼育していい賃貸マンション不動産物件の場合はペットを飼育してる人だけが暮らしてる賃貸マンション不動産物件だというのではなく、ペットも飼育してもいいというだけで、飼育してない方も住んでいます。 だから中にはペットの苦手な人なども住んでいますので、他の住民はみんなペットが好きなんだという気持ちで住んではいけないです。 できるだけ共用設備を利用する場合は気を使って他の住民に迷惑のかからないように気をつけることが重要です。 そしてペットを飼育するからといって家賃が高くなるということもなく、他の住民と家賃はほとんど同じというところが多いです。 だから途中からペットを飼育し始めたら、家賃が上がってしまうということはなく、普段どおりのままの家賃です。

敷金は通常よりも高い場合がある

しかし、家賃は同じでも敷金ははじめにペットを飼育してる場合は高いということがあります。 賃貸マンション不動産物件の場合は退去のときになると、家の中をはじめの状態に原状回復するという決まりがあります。 だからその回復のために、はじめに支払う敷金が使われます。 ペットを飼育していると、何も飼育してない家庭に比べて汚れることや、傷が付くことも多いです。 そうなってくると通常の敷金だけでは、足らなくなってしまう場合もあります。 そういったことが後で起こってしまうと支払いをしてもらわないといけなくなるので、はじめに敷金を通常よりも多く預かっておくという形になってる賃貸マンション不動産物件が多いです。 残った敷金は戻ってきます。